駄文置場

誤字や反確f確認せずぶっぱするやつ

f:id:Burned_Kelp:20210109121735p:plain

【ネタバレ控えめ】手堅くテンポの良い3Dマリオ新作。フューリーワールド 感想・レビュー

Switchで発売したスーパーマリオ3Dワールド+フューリーワールドに存在するメインモードの一つ。歴代3Dマリオはすべてプレイ済み、かつフューリーワールドは100%クリア済み。

一応ネタバレはほとんどないですが、これからプレイするといった方は読まないでクリアしてから読んでもらえると幸い。

 

 

アクション

f:id:Burned_Kelp:20210212163926j:plain

3Dワールドをベースに、ボディダイブなどオデッセイのアクションを一部追加した形。特にボディダイブがあるおかげで「壁ジャンプ→ボディダイブ」で無理やり壁を登ったりと色々機動力が増加していて動かしてて楽しい。

今回のリマスターではダッシュのギア加速のタイミングが早くなってたりと、探索してて移動スピードがストレスになる場面が少なかった。

 

ファイアフラワー等、従来のマリオシリーズで出現するアイテムによる変身アクションが探索型マリオに入ったのは実は初(一応64DSではパワーフラワーっていうアイテムがあったけど、羽マリオになれたりとかそんぐらい。)なのもあって、探索型マリオでのファイアマリオ姿がかなり新鮮に見えた。

特にネコマリオは3Dマリオにおいてトップレベルの能力を誇る。フライングマリオはごく一部のステージしか使えないので例外

壁のぼり

・近接攻撃

・ボディダイブに攻撃判定追加

・空中から斜め下に急降下攻撃(着地隙は地面寸前にBボタンを離すことで発生させないことができる)

 

特に壁のぼりはマジもんのインチキアクションであり、強引なショートカットや足を踏み外したときのカバー等、縦への移動としてはマジでやりすぎなレベル。キャッピーの強引な横方向へのショートカットは目を見張るものがあったが、ネコマリオは縦方向へのショートカットし放題。

タイムアタックや軽快に遊ぶにはネコマリオはかなり楽しいアクションである反面、あまりの強さに難易度を低下させている。この仕様は任天堂も把握していて、それを意識したステージが多かったので2週目ではネコマリオ及びストックアイテムを禁止して遊ぼうと思う。歯ごたえがある世界が待っているはずだ。

 

ステージ

f:id:Burned_Kelp:20210212164711j:plain

オデッセイ+マリオサンシャイン+3Dワールドといった感じ。今回のフィールドである『ネコ湖』では様々なギミックが用意された島が数多く存在しており、そこでネコシャインを見つけていってフューリークッパと対峙するのが一連の流れ。それぞれの島でネコシャインをゲットする度ネコシャインの位置やギミックが変わっていく。

つまり、ネコシャインを取る度に島に入り直すといった、サンシャインのように毎回スタート地点に戻る工程が必要になる。この工程、オデッセイでは味わえなかった「ステージに挑む度にステージ構成を覚えていって、次のチャレンジではよりサクサク進めるようになった」というプレイスキルの上昇を感じやすくさせるシステムである。1つ1つの島はそこまで大きなものではないため、1つのネコシャインを取るために必要な時間が長くないのもありがたい。

 

勿論オデッセイのような、一回一回戻らずにどんどんキーアイテムを集めていくプレイスタイルは探索型マリオの進化を感じさせるシステムだった。それに対し、フューリーワールドは2つのメインモードのうちの一つ。当然オデッセイほど巨大なボリュームを用意できるわけではないため、今までの箱庭型マリオのプレイスタイルが採用されたのだろう。

サンシャインスタイルなわけだが、サンシャインとは明確に違うポイントとしてステージを移動する際のロード時間が存在しないことだ。ネコ湖の冒険はオープンワールドとなっており、どの島にどんなタイミングで行こうがロードなんてものは挟まない。オデッセイですら、ドアに入ったりする際にロードを挟んでいたが、このゲームでのロードは死んだときのロードとムービーの際のロードだけで、非常にスムーズだ。

 

島ごとの移動もプレッシーという高速移動する乗り物があるためストレスではない。そのような背景もあり、プレイのテンポは歴代3Dマリオの中でもトップクラスに良い。1つ1つのステージはテンポよく遊べるようになってるし(水中ステージがないの、かなり英断だと思う)、サクサク進めるようなアクションもネコマリオもそろっている。RTAを見るのがとても楽しみだ。

 

フューリークッパ

f:id:Burned_Kelp:20210212170929j:plain

今作の目玉要素。

ネコ湖の冒険の際、一定時間が経過する度に出現する巨大なクッパ。出現中は圧倒的な力と攻撃範囲でマリオを狙ってくる。

このフューリークッパだが、島の探索中にも容赦なく攻撃してくる。一見プレイヤー側にはマイナス要素しかもたらさないように見えるが、このフューリークッパ出現中にだけ登場する足場やアイテムが存在し、それらはスターだったりと非常な強力なアイテムだったり、足場によって簡単にショートカットできるようになったりと様々。プラス要素ももたらしてくれる災厄というわけだ。

 

とても豪快で面白い要素である一方、この状況でしか取れないネコシャインが存在するのは少し面倒なように感じた。勿論、そのようなネコシャインは存在しててもいいと思う(フューリークッパをコントロールするという面白さに繋がるため)…が、そのタイプのネコシャインがそこそこある。

何が面倒かというと、

・フューリークッパの出現条件が一定時間の経過

・出現してからしばらくしたら帰還する

これによりプレイヤー側は「もうそろそろフューリークッパ出るからネコ湖の島探索やめて(そのタイプの)ネコシャインが取れるように移動しておくか…」という状況が存在する。勿論、ネコシャインを全部取る必要は100%クリアでしかないし、「効率よく進める」といった思考回路でしかこの状況は存在しない。とはいえ、フューリークッパをいつでも召喚できるギミックが欲しかったのが本音である。意図的に帰らせられる仕組みもあるんだからこそ。amiiboだけなのはちょっと…それこそコインを300枚消費とかでもいいからほしかった)

 

総評

f:id:Burned_Kelp:20210212173728j:plain

短所はあるものの、3Dマリオとしては非常にテンポが良く、そしてアクションがとても楽しいのでかなり楽しめた。クッパjr.が一緒についてきたりするのも嬉しい。オープニングも露骨にマリオサンシャインを意識してたりと、最近のマリオはファンサービスが非常に多くて嬉しい。勿論新要素のフューリークッパも少しの難点はあるものの、基本的には豪快で見ていて楽しい存在だ。プレッシーで近くを泳ぎ回るのはなかなかの爽快感がある。

 

オデッセイと違い巨大なボリュームを誇る作品ではないが、そのような作品だからこそのマリオの質の良さを感じる。物珍しい要素が豊富にあるわけでもないが、しっかり手堅く出来ている。操作感も良くと、完成度が高い。歴代3Dマリオシリーズに恥じない作品だと思う。

 

最大の欠点はカメラモードにスタンプのアイコンが映ること。クソでしかないので非表示にできるオプションが欲しい…